お役立ち記事

Column

ライブコマースに関する最新のトレンドや
成功するためのノウハウまで様々な情報を公開しています。

ライブコマースのコンテンツ・企画作りにおけるポイント

2022.04.05
2022.04.05
 

EC市場の高まりや新型コロナウイルス感染拡大による影響もあり、ライブコマースへの注目が高まっている一方で、成功させるためにはどういうコンテンツや企画作りを行うべきかよくわからないというEC事業者も少なくありません。
そこで本記事では、ライブコマースを成功させるためのコンテンツや企画作りを行う際に押さえておくべきポイントを紹介します。

 

 

1. ライブコマースを成功させるための重要要素である“コンテンツ”

ライブコマース実施の際には集客施策やキャスティングに目を向けられがちですが、配信を視聴しにきてくれた人たちに、その場をいかに楽しんでもらえるか、いかに衝動買いを誘発させるか、また視聴したいと思ってくれるかなどの観点を持ったコンテンツ・企画作りも非常に重要です。せっかく配信の時間に合わせて視聴しにきてくれた方が離脱してしまうのは非常にもったいないです。

2. ポイント①:人物軸にするか商品軸にするか

ライブコマースのコンテンツは大きく分けて、「人物軸」と「商品軸」の2つに分かれます。
人物軸のライブコマースのコンテンツとは、インフルエンサーやライバー、有名人主体で行うライブコマースのことを指します。
対して、商品軸のライブコマースのコンテンツは、特徴のある商品や特別な割引などを軸に配信するタイプです。
それぞれメリット・デメリットがあるため、現状の商品力や投資可能な予算、今後の方針などに合わせてどちらの軸でいくべきか、まず判断し進めていく必要があります。

|「人物軸」ライブコマースの特徴

人物軸で行うライブコマースのメリットは、インフルエンサーらキャストの集客力を活用できることです。そのため、簡単に閲覧数を増やしやすいです。ブランドや商品力が高い、配信中に視聴することで得られるメリットが大きいなどの魅力が少ないと、どうしても苦戦しやすいライブコマースの集客において、この点は非常に大きいメリットと言えます。
逆にデメリットは、キャスティングする際のコストが高額になりがちなところです。また、視聴する目的は「インフルエンサーを見ること」になりがちなため、商品を新たな層に知ってもらう場面では活用しやすいですが、事業者にとっての新たなファンを獲得するという観点では活用しづらいです。また、目的が商品やブランドに対してではないため、お金を動かすためには、インフルエンサーを応援したい、彼らのためになることをしたいという気持ちをくすぐるような企画が必要です。それがLTVや長期的な視点でメリットがあるかどうかは吟味していく必要があります。

|「商品軸」ライブコマースの特徴

商品軸で行うライブコマースのメリットは、ブランドや商品のファンを増やしやすいこと、キャスティング費用を抑えられることです。基本的に、集まる視聴者は商品に興味を持っている場合が多いため、そのままファンにしやすく、また自社の社員の演者スキルを上げていくことで、彼らにファンがつくこともあります。ファン形成の軸が商品やブランドなど社内リソースになるケースが多く余分な費用もかかりづらいことも踏まえると、顧客のLTVや中長期的な視点で考えた際に有効的である可能性が高いです。
対してデメリットは、集客難易度が少し高いことです。そのため、告知の仕方や番組内容の工夫は人物軸で行う際よりも工夫が必要です。

3. ポイント②:いかに視聴者に「自分ごと化」させられるか

チャット機能やリアルタイム性による臨場感などを活かしながら、いかに視聴者にリアルなイメージを沸かせられるかが重要です。だからこそ、チャット機能などを活かした演者と視聴者間のコミュニケーションはこまめに取る必要があります。
また、商品開発時のエピソードや開発者の想いなども取り組み共感を獲得していくことも重要です。共感を得ることは視聴者が自分ごと化する一つの大きな要素でもあります。

4. ポイント③:衝動買いの誘発

衝動買いに限らず、その場限りのメリットを視聴者に与えることは非常に重要で、ポチ買いや次回配信時への視聴意欲向上にもつながるポイントと言えます。具体例としては、配信限定時の割引、次回利用時のクーポンの発行、ライブ中に購入した方限定の特典などが挙げられます。何度も見に来させることで。ファンにもなりやすく、徐々に集客も楽になってくることを考えるとこのポイントは抑えるべき箇所と言えます。

5. ポイント④:いつ、どのくらいの頻度で行うか

ライブコマースの配信は定期化させることをおすすめします。毎週何曜日何時というところを固定化させ、回数を重ねていくことで、固定の視聴者が生まれやすくなります。テレビ番組に置き換えるとイメージしやすいかもしれません。
具体的にどのタイミングで固定するかは、視聴してほしいユーザーのターゲットや現状のサイトの閲覧時間状況などを加味して決めていく必要があります。

6. まとめ

コロナ禍の影響もあり、新たなマーケティング手法の一つとして注目されているライブコマース。成功の秘訣は、各EC事業者が抱える課題や目標に合わせてコンテンツを起こしつつ、いかにユーザーを楽しませるかが重要です。

私たち「ライコマ」はライブコマースツールの提供だけでなく、コンテンツ作りのサポートも行っております。運営に迷っている事業者様、これから導入しようと考えているが、どう動いていくべきかわからない事業者様はぜひ一度お問い合わせくださいませ。

 

Related

Recommend

ツール利用料月額​3万円+
ストリーミングサーバー代

1ヶ月完全無料
トライアルキャンペーン実施中!
是非お気軽にご相談ください。

 
×